滲出性中耳炎について

小さいお子さんはカゼをひくと高率に急性中耳炎を引き起こします。(カゼはもともとウイルス性の疾患ですが、その後に起こる中耳炎は細菌性のものがほとんどです。)
痛みや発熱が治まったあとで滲出液が中耳腔に残ってしまい慢性に経過したものが滲出性中耳炎です。難聴や耳閉感、耳いじりなどの症状が出ますが小さいお子さんの場合あまり症状を訴えないケースも多くあります。進行すると高度の難聴をきたす癒着性中耳炎に移行することもあります。
顕微鏡下での細かい観察や処置が必要となります。ただ単に鼓膜の動きの検査だけで判断するのは危険です。
耳鼻咽喉科の専門医に診断、治療をおまかせ下さい。


記事の一覧へ戻る




禁無断転載  Copyright © 2004 Hayano ENT Clinic. All rights reserved.