花粉症の初期療法の時期はいつ?

毎年、花粉症でつらい思いをしている患者さんは、症状が出る前や軽いうちから治療を開始する「初期療法」をおすすめします。花粉が飛びはじめる(2月下旬ごろ)2週間ぐらい前から第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの経口治療薬を投与する治療法です。
前もって薬を飲みはじめることで、症状が出る時期を遅らせ、花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できます。
ただし、あまりに早くからの内服は効果に差がないとされていますのでご注意を。


記事の一覧へ戻る




禁無断転載  Copyright © 2004 Hayano ENT Clinic. All rights reserved.