アレルギー性鼻炎(花粉症)に対するトリクロール酢酸手術について

当院ではアレルギー性鼻炎(花粉症)の方に対して外来手術を行っています。まず麻酔薬を含ませたガーゼを鼻の中に挿入(15〜20分程度)して痛みを取ります。
その後、トリクロール酢酸という化学剤で鼻の中のアレルギーをおこす下鼻甲介粘膜を焼灼します。(両側合わせて1〜2分程度で終わります)
レーザー、超音波凝固切開メス、コブレーターなどの手術法と比較してもあまり効果に差がなく簡便な方法だと思います。
新聞やテレビでも取り上げていただきました。希望される方はスギ、ヒノキ花粉症に備えお早めにご相談下さい。


記事の一覧へ戻る




禁無断転載  Copyright © 2004 Hayano ENT Clinic. All rights reserved.